代行運転を利用する

代行運転を利用する

飲食店などにおいて、公共交通機関で帰宅するときには運転をする必要がないので酒を飲むことができるのです。
しかし、飲食店に自動車を運転して来店しているときには酒を飲むことは避けるというパターンを選択します。
このとき、代行運転サービスを利用することによって酒を飲むことが可能となります。
代行サービスでは本人に代わって自動車を扱うため、自身で車の操作をする必要がないのです。
そのため、自動車で飲食店にやって来て酒を飲んだとしても代わりにハンドルを取ってもらえば良いのです。
また飲食店に関しては、代行のサービスを提供する会社と提携することで他店と違いを見せることができます。
会社側は提携することで、利用客を確保することができるということを期待することができるようになります。
代行の操作を請け負ってくれる会社は、インターネットで探すことができるのです。
来店前もしくは、飲食を終えた後に探して呼ぶということも可能です。

昨今の代行運転の普及化

近年普及している運転代行は、かつてより都市部よりも地方でのニーズの方が高い傾向にありました。
都市部よりも車が必要不可欠な場合が多いこと、交通機関の少なさ、場所によってはタクシーが使えないといった理由から当然といえば当然です。
しかしながら昨今は都市部でもニーズが増えてきています。
取り分け2000年以降、飲酒運転の罰則が強化されたことに伴いニーズは大きく増加しています。
また(都市部・地方問わず)普及化は法整備の充実化と無関係ではありません。
即ち、都道府県公安委員会の許可がなければ営業できなくなった(2002年6月~)、代行業者の随伴車への「(都道府県名)公安委員会認定第○号(業者名)代行随伴用自動車」の文字を入れることの義務化、顧客の車に所定の標識を掲示することの義務化です。
つまりかつて無法地帯であった代行業が法整備されていくことで社会的信用に足るものになったということです。
重要なのは、顧客車を運転するためには第二種免許が必要であるということです。
これは営業中は顧客車に顧客をのせる旅客が伴うからです(随伴車に顧客をのせるのは白タク行為となり許可されていません)。

recommend



Last update:2020/3/5

Copyright 2015 「ヘイ、タクシー(代行)」 All Rights Reserved.