運転代行サービスの手数料について

運転代行サービスの手数料について

運転代行サービスを利用する場合、走行距離に応じた料金に加えて、代行サービス料という名目の手数料が加算されますので、乗車から降車までの走行距離だけを基準に考えれば、料金は一般的なタクシーより割高になります。
だからといって車を駐車場に預けたままタクシーで帰るとなると、翌日に車を取りに行くまでの駐車料金や、さらに駐車場までの交通費など余計な費用がかかることになります。
ですからタクシー代にそれらの費用を合計した金額よりも運転代行サービスの料金の方が安ければ、むしろ利用した方がお得ということになります。
またもしもお酒を飲んだままの状態で運転をすれば飲酒運転となり、摘発されれば重い罰金を支払わなければなりません。
さらに正常な状態で運転をする場合と比べて、格段に事故を起こす確率が高くなりますし、ひとたび事故を起こしてしまえば自身の命を危険にさらすだけではなく、他人の命まで奪うことになりかねません。
そのような最悪の事態を避けるためにも、運転代行サービスには利用する価値があると言えるでしょう。

業者に代行してもらえば手数料が発生

なんらかの手続きを業者に代わりに行ってもらえば、その手間賃を支払うことになります。
それが代行手続き手数料と呼ばれるものです。
どのような手続きを代行してもらうかによって、手数料の金額も変わります。
依頼する業者によってもかなり差があることがありますので、費用対効果を考えて依頼するかどうかを決めると良いでしょう。
代表的なものに車検、不動産購入の際のローン申し込み手続きなどがあります。
車検はディーラーに頼まず、自分で手続きをする人も多いですが、不動産のローンは知らない間に仲介会社に手続きをしてもらい、手間賃を支払っているケースが少なくありません。
不動産の購入はそうたびたび経験することではありませんので、仲介業者に言われるがままに支払ってしまっていることがあります。
斡旋料、事務手続き代、などという名前で請求されることもあります。
ローン手続きといっても難しいことではありません。
必要な書類を揃えて融資元に提出するだけです。
自分で行えば、手数料を節約することができます。

Favorite



2020/3/5 更新

Copyright 2015 「ヘイ、タクシー(代行)」 All Rights Reserved.